« 街角の風景 No.9 元・理容店 | トップページ | 中田二枚橋 »

2006年4月30日 (日)

速報:4/29 秋保大滝不動尊大祭

秋保大滝というから秋保温泉の近くだろう、と思っていたのですが温泉からは10キロ以上西に行った場所にあります。でもバスが走っているようなのでこのお祭りを見に行って帰りに秋保温泉に寄ってくることにしました。
今日も快晴。風もなく絶好の行楽日和。遅い朝食を済ませた後JR長町駅前のバス停から10:54発の秋保大滝行きの宮城交通のバスに乗り込みました。いつものように空いているだろうと思っていたら、仙台駅前始発のこのバスにはすでに40人くらいの乗客が。じいちゃんばあちゃんがほとんどでどうも温泉に行くような格好ではありません。たぶんみんな秋保大滝に行くのでしょう。ということで1時間立ちっぱなしでした。秋保大滝に着いてまたびっくり、駐車場が車でいっぱいです。近隣にはそば屋にレストランもあり、かなり観光地化されているようです。おまつりだから、というわけではなく普段からそれなりに観光客が多いようです。
バスを降りるとすぐ前に狛犬と鳥居が・・・なんで?ここは秋保大滝不動尊なのに。いかにも日本らしいといえばそれまでですが。鳥居をくぐって中に入ると露店が10ほど並んでいて、その先では「馬場の田植踊(たぶん)」が行われていました。まずは不動尊におまいりを済ませて、その裏手にある階段を降りて展望台へ。そこからは秋保大滝を一望できますが、私の見た中ではTOP3に入る大きさです。ちなみに他の2つは華厳の滝と袋だの滝です(っていうかそれくらいしか見たこと無い)。その後、「三角あぶらあげのてり焼き」という貼り紙にひかれて展望台近くの茶屋で一休み。ちょっと期待したものとは違いましたが、なかなかにおいしかったです(でも500円は高いかも)。バス時間まで不動尊隣の植物園(みどりの日ということで無料でした)を散策したりして時間を潰し、13:02発の仙台駅のバスに乗り込み秋保文化の里センターに13:32着。ここから徒歩で南側の高台にある「緑水亭」に向いました。地図で見ると近いのですが、急坂を登っていくので15分ほどかかってしまいました。フロントで料金1200円を払うとタオルとバスタオルがもらえます。お風呂は男女別の内湯と内湯を抜けて階段を降りた先に露天風呂があります。お湯は緑褐色とでもいうんでしょうか?白濁した茶色のような緑のようなそんな色をしています。露天風呂は庭園風で湯船の一部にはやなもかかっています。女風呂との仕切りは大きな岩で出来ていて滝のような感じで水が流れています(お湯?かなと思いましたがただの水でした)。さすがに高級ホテルだけのことはあり演出には凝っているようです。さらに夜になると篝火がたかれ、幻想的な雰囲気が楽しめるようです(ちなみに22時まで日帰り入浴可)。残念なのはコーヒー牛乳がないこと。こういうホテル・旅館じゃ当然なのかかもしれませんが。帰りは14:57発仙台行きのバスで。

写真は「馬場の田植踊」「不動尊」「秋保大滝」「不動茶屋」
Img_1033 Img_1036 Img_1045 Img_1051

写真は「三角あぶらあげ」「緑水亭入口の桜」「緑水亭内湯」「緑水亭露天風呂」
Img_1049 Img_1111 Img_1125 Img_1126

今日の家計簿
バス 長町駅前~秋保大滝 1040円
三角あぶらあげ 500円
玉こんにゃく 200円
ソフトクリーム 300円
バス 秋保大滝~秋保文化の里センター 590円
緑水亭入浴料 1200円
ジュース 150円
バス 秋保文化の里センター~長町駅前 610円

|

« 街角の風景 No.9 元・理容店 | トップページ | 中田二枚橋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報:4/29 秋保大滝不動尊大祭:

» 「秋保温泉」特集 [温泉ガイド(温泉専門サイト)]
魅力溢れる「秋保温泉」の特集です。 [続きを読む]

受信: 2006年5月24日 (水) 17時45分

« 街角の風景 No.9 元・理容店 | トップページ | 中田二枚橋 »